更年期障害というと女性特有の病気のイメージがありますが、実は男性にも起こります。 しかし、男性の更年期障害は認知度が低いことから、更年期障害になっていることに気付かない人も多いです。 男性の更年期障害の原因は、女性と同じくホルモンバランスの乱れだといわれており、男性ホルモンの減少によって引き起こされます。 男性ホルモンは、40代半ばから徐々に減少していくので、この時期に更年期障害を起こす男性が多いですが、30代でも男性ホルモンが減少すれば、更年期障害の症状が現われるでしょう。 また、男性ホルモンの減少だけではなく、ストレスや生活習慣なども更年期障害に関わっています。 仕事でストレスを溜め込んだり、不規則な生活をすることで、更年期障害が起こるリスクが高まります。 男性の更年期障害の症状としては、集中力の低下・精力減退・倦怠感・不眠・抑うつ・のぼせ・頭痛・めまい・便秘・記憶力低下・便秘などです。 中年男性の方で、身体や心に異常を感じた場合は、更年期障害の可能性も考えて、早めに専門の医師に相談してください。